辻元清美 official website

活動ブログ

加計学園問題で予算委員会閉会中審査:”真摯な説明責任”は果たされたか

2017.7.24

国会ブログ

急速に下落した内閣支持率の最大の原因とも言える、いわゆる「加計問題」。

今日、市民の怒りの声に押される形で、やっと総理入りでの予算委員会閉会中審査がおこなわれました。

20170724timetable

 

民進党で質問に立ったのは、大串博志委員、今井雅人委員、玉木雄一郎委員の3名。

大串委員は、第二次安倍政権発足後に安倍総理と加計孝太郎理事長が食事やゴルフを共にした一覧表を示し、加計学園が国家戦略特区への獣医学部新設を計画していることをいつ知ったか質問しました。

20170724_ohgushi

 

その問いに安倍総理は、なんと“今年の1月20日に加計学園に事業者が決定したときに初めて知った”と答弁。

これだけひんぱんに会う“腹心の友”でありながら、獣医学部新設についてなにひとつ話しが出なかったというのは、到底信じられるものではありません。

また、玉木委員は、加計学園が国家戦略特区での獣医学部新設を表明する前に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が今治市の職員と首相官邸で面会していた事実があることを指摘しましたが、柳瀬元首相秘書官は「記憶にない」「首相官邸の面会記録は破棄されている」とくり返すのみ。
首相官邸が面会記録をこんなにかんたんに破棄するなんて、もし本当であればリスク管理が甘すぎるとしか言いようがありません。

加計問題はとにかく「記憶にない」「記録がない」のオンパレード。これが真摯に説明責任を果たしている姿勢でしょうか。
今日の閉会中審査では「加計ありきだったか否か」という国民の疑念を払拭する答弁はまったく得られなかったどころか、ますます疑惑は深まりました。

加計孝太郎理事長をはじめとした関係者の参考人招致をふくめ、徹底的な議論をすべく、再度の閉会中審査を求めていきます。

20170724_04

 

20170724_05

20170724_02

 

20170724_06

,

20170724_01