お問い合わせ 文字の大きさ
「虚偽報道による名誉毀損」で産経新聞社と同社記者を提訴しました

「虚偽報道による名誉毀損」で産経新聞社と同社記者を提訴しました

すでに報道にある通り、2012年1月19日、辻元清美は株式会社産経新聞社および同社記者を、「虚偽報道による名誉毀損」で提訴いたしました。
同社記者は、いずれも署名記事で下記のように記述しています。
記述①「13日に・・・辻元清美元国土交通副大臣を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命したことにも必然性は感じられない。・・・辻元氏は平成7年の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラをまいた。2人の起用はブラックジョークなのか。」(産経新聞2011年3月16日号朝刊)
記述②「カメラマンの宮嶋茂樹氏の著書によると、辻元氏は平成4年にピースボートの仲間を率いてカンボジアの自衛隊情勢を視察し、復興活動でへとへとになっている自衛官にこんな言葉をぶつけたという。『あんた! そこ(胸ポケット)にコンドーム持っているでしょう』(中略)こんな人物がボランティア部隊の指揮を執るとは。被災地で命がけで活動している自衛隊員は一体どんな思いで受け止めているだろうか。」(同3月21日号朝刊)
当時NGO活動をしていた辻元清美が、「1995年の阪神淡路大震災の際、被災地で反政府ビラを撒いた」「1992年、カンボジア復興にあたっている自衛隊員に対して、『コンドーム持っているでしょう』などと発言した」という事実は、まったくありません。
また同社記者は辻元清美に対していっさいの事実確認をしておりません。
さらに記述②の根拠としている宮嶋氏の著書には、辻元がそのような発言をしたとの記述はありません。
当時辻元清美は、首相補佐官(災害ボランティア担当)の職に就き、大震災の被災者支援活動にあたりました。そのために、政府諸機関、関係自治体、ボランティア団体はもとより、自衛隊とも密接に連携、協力体制をとっていました。
大震災の混乱が続く中、公器である新聞がこのような報道を繰り返したことで、根拠のない「デマ」が増幅され、辻元清美の被災者支援の活動にも大きな悪影響が与えられました。
何より、被災者の方々や被災者支援にとりくむ人々の不安が煽られたことは看過できません。
二度とこうしたことが起こらないよう、今回提訴するに至ったことをお知らせ申し上げます。

ページトップに戻る