辻元清美 official website

活動ブログ

(検証)辻元清美をめぐる「3つの疑惑」:嘘を作り上げられ拡散される手法についての検証(スタッフより)

2017.10.8

国会ブログ

元TBS記者の山口敬之氏や産経新聞、そして安倍首相までもが拡散した「3つの疑惑」の証拠が立証される。

(1)「国有地である野田中央公園の売却において、豊中市の負担を減らすべく辻元が補助金を出させた」という全く根拠のないデマ

ネットのデマを産経新聞が取り上げました。この記事を元に日本維新の会の足立衆議院議員が国会において質問を行い、さらに質問を夕刊フジが取り上げました。

しかし、足立議員がこのデマを取り上げた2017年3月29日の衆議院国土交通委員会において、玉木衆議院議員の質問に、政府は「政権交代前の2009年5月に、補助金の交付およびその金額が内々に決まっていた」と答弁しました。

「平成21年5月29日に、平成21年度第一次補正予算の成立に合わせまして、事前に要望のありました豊中市に対して予算配分をする旨及び金額を内示しております。」(由木政府参考人)

2009年5月の国交省資料には、豊中市に14億円が交付されるとはっきり書いてあります。

従って、辻元が国土交通副大臣になった時には、すでに政府と豊中市の間で合意がなされており、辻元が関わったという事実はありません。

なお、辻元は国土交通副大臣在任時、主に運輸関係を担当しており、建設関係であるこれらの事業は担当しておりませんでした。

国交省の資料は下記です。
「平成21年度 住宅局関係補正予算配分概要 平成21年5月国土交通省住宅局」
(2017年10月7日13:11情報取得)
================
(2)「森友学園の小学校建設現場へ作業員を派遣した」という根拠のないデマ

森友学園の国有地払い下げ問題に関連して、大量のゴミを校庭に埋めもどしたとマスコミに証言をした作業員についてです。
デマは、テレビ番組で、「総理」という安倍総理の本を書いた山口敬之氏が「工事現場に辻元さんが作業員をもぐりこませた」「辻元問題」「泥仕合い」「辻元さんは証明をしなきゃいけない」などと主張し、拡散しました。

しかし、当の作業員とされた人は、2017年3月29日、TBSラジオ『荻上チキ・Session-22』において、以下、証言しました。

・辻元との接点が「まったくない」。
・埋めもどした時期は2016年の11月〜12月(森友問題発覚前なので仕込みようがない)。
・自分は生コン会社ではないため、生コンの労働組合に「入りたくても入れない」。
・山口氏の発言を聞いてテレビ局に抗議したところテレビ局から謝罪があった。

詳しくは下記を参照ください。
【森友学園問題】「まったく面識もない」~辻元清美議員に関する“疑惑”報道で「工作員」とされた作業員が証言【音声配信&書き起こし】TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」
================

(3)辻元清美が「塚本幼稚園に侵入した」という根拠のないデマ
産経新聞が根拠とした、籠池諒子氏から安倍昭恵氏へのメールの原文は以下のとおりです。

「幼稚園に侵入しかけ 私達を怒らせようとしました」(侵入したのが辻元、ということのようです。)

この件については、ノンフィクションライターの菅野完氏が、3月29日に行ったツイキャスにおいて籠池諒子氏本人の証言を得ています。

菅野氏の辻元の侵入について、
菅野氏「何の根拠もないってこと?」
諒子氏「私は見てません。まゆみがそう言うてたんで」

菅野氏「(侵入の瞬間を)見はったんですか?」
まゆみ氏「見てないです」
菅野氏が「思い込みっちゅうこと?」
まゆみ氏「そうだと思います。」

辻元自身も、既に過去ブログで、行っていない、と完全否定しています。

森友学園・籠池理事長のyoutube発言「辻元清美が侵入罪」はデマです

今回のデマを産経新聞が記事にしたきっかけは、公開を前提としない「私信」であるはずの籠池諒子氏のメールが公開されたことですが、菅官房長官が、定例記者会見で「客観的な証拠になると思い、政府が公開を決断した」と述べ、その際に情報の裏取りをしないまま公開したことも認めています。

下記参照
民進・辻元清美氏に新たな「3つの疑惑」 民進党「拡散やめて」メディアに忖度要求(産経新聞)

政府インターネットテレビ

また、安倍首相が2017年3月28日の参議院決算委員会において、これら3つのデマの事実確認をせずに、「(辻元について)産経新聞に今日三つの疑惑と出てましたね。」「(辻元は)証明しなければならない」と述べたことで、まるで辻元清美が何か悪いことでもしたかのような情報が拡散しました。