辻元清美 official website

活動ブログ

今日の憲法審査会で与党参考人を含めた3人の憲法学者が“安保法案は違憲”と断言

2015.6.4

国会ブログ

すでに各局のニュースでとりあげられていますが、本日6月4日の朝から開催された憲法審査会では、3名の憲法学者を招き、参考人質疑がおこなわれました。私も委員として審査に参加しています。

私の横に座る民主党の中川正春委員が「今の安保法制は憲法違反だと思われますか」と3名の憲法学者に質問したところ、自民党、公明党、次世代の党が推薦した早稲田大学法学学術院教授の長谷部恭男さんは

「集団的自衛権の行使が許されることは、従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかず、法的な安定性を大きく揺るがすもので憲法違反。自衛隊の海外での活動は、外国軍隊の武力行使と一体化するおそれも極めて強い」

と明言。

慶応大学名誉教授で弁護士の小林節さんも

「仲間の国を助けるため海外に戦争に行くことは、憲法9条に明確に違反している。また、外国軍隊への後方支援というのは日本の特殊概念であり、戦場に前から参戦せずに後ろから参戦するだけの話。そんなふざけたことで言葉の遊びをやらないでほしい」

と断じました。

さらに、早稲田大学政治経済学術院教授の笹田栄司さんも

「内閣法制局は、自民党政権とともに安保法制を作成し、ガラス細工と言えなくもないが、本当にぎりぎりのところで保ってきた。今回、その定義を踏み越えており、違憲」

と述べ、3人の参考人全員が「安保関連法案は違憲」と指摘したのです。

昨日は、172名の憲法学者が「安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を求める憲法研究者の声明」を発表しました。

明日は朝9時より「安保法制に関する特別委員会」でトップバッターの質問に立ちます。
ぜひ衆議院の中継サイトでご覧ください。